Archive for the ‘未分類’ Category.

監視結果をslackで通知する

最近、企業でslackを使うところが増えてきているみたいですね。
そこで!今回は、Hinemosで監視した結果をslackに出力したいと思います。

①slackに監視通知用のチャンネルを作成する

以下のように、Hinemosの通知を行うチャンネルを作成します。
※slackを登録されていない方は、登録後作成してください。

②作成したチャンネルのWebhookを取得する

着信 Web フック

外部からHTTPリクエストでメッセージを送ることができる機能です。
HTTP通信ができる環境であれば、どこからでもメッセージをslackへ送信することができます。

では作成していきましょう。
まず、slackのメニューから「slackをカスタマイズ」を選択します。

アカウントのメニューから「App管理」を選択します。

管理画面のメニューから「カスタムインテグレーション」を選択後、「着信Webフック」を選択します。

「設定を追加」を押します。
「チャンネルへの投稿」に作成したチャンネルを指定し、「着信Webフックインテグレーションの追加」を押すと
Webhook URLが発行されます。

発行されたページでは、メッセージを送付したときに表示されるアイコンや、bot名などを設定できます。
発行されたwebhookは、記録しておいてください。

③Managerサーバに通知スクリプトを作成し配置する

今回は、気象情報の監視結果をslackで通知してみようかと思います。
※気象情報の監視方法については、こちらを参照してください。

Hinemosサーバに以下のスクリプトを任意の場所に配置します。

slack_post_message.sh

#!/bin/bash

# 引数
# $1: #[GENERATION_DATE] (出力日時)
# $2: #[PRIORITY_NUM] (監視結果)
# $3: #[MESSAGE](気温)

# 送信先のチャンネルとbot名を設定
channel='#hsd_hinemos_mon'
username='hinemos'

# webhookのURL設定
token="https:// hooks.slack.com/services/hogehoge/fugafuga/hogehoge"

# botのアイコンを設定
emoji=':monita2:'

# 重要度によってattachmentの色を変更
color='#FFFFFF'
if [ $2 -eq '0' ]; then
        color="#FF0000"
        priority="危険"
elif [ $2 -eq '1' ]; then
        color="#4169E1"
        priority="不明"
elif [ $2 -eq '2' ]; then
        color="#FFFF00"
        priority="警告"
elif [ $2 -eq '3' ]; then
        color="#00FF00"
        priority="情報"
fi

# 表示するメッセージをJSON形式にフォーマットする
temp=$3
text="出力日時: $1 \n東京の最高気温: ${temp:19}"

attachment="
{
  \"title\":\"${priority}\",
  \"fallback\":\"fallback ${priority}\",
  \"text\":\"${text}\",
  \"color\":\"${color}\"
}"

payload="payload={\"channel\": \"${channel}\", \"username\": \"${username}\", \"icon_emoji\": \"${emoji}\", \"attachments\":[${attachment}]}"

# POSTリクエストとしてWebhookURLに送信
/usr/bin/curl -m 5 --data-urlencode "${payload}" "${token}"

各監視結果の取得には、メールテンプレートの置換文字列を利用します。
今回は、以下の3つを利用しました。

  • #[GENERATION_DATE] (出力日時)
  • #[PRIORITY_NUM] (監視結果)
  • #[MESSAGE](出力メッセージ)

上記以外の置換文字列については、以下のマニュアルを参照してください。

ja_User_6.1_rev2.pdf
6.4.2 メールテンプレートの登録
表 6-19 文字列置換対応一覧

「#[MESSAGE]」は、以下のように出力されている値を取得しています。

これを温度だけにするために、以下で気温だけにフォーマットしています。

text="出力日時: $1 \n東京の最高気温: ${temp:19}"

④Hinemosに監視設定を行う

以下のようにコマンド通知を設定します。

コマンドには以下の内容を入力します。

sh /tmp/slack_post_message.sh "#[GENERATION_DATE]" #[PRIORITY_NUM] "#[MESSAGE]"

以下の設定でカスタム監視を利用して気温を監視します。
通知設定には、上記で作成したコマンド通知を設定します。

⑤実行!!!!

以下のように表示されます。

⑥おわりに

いかがでしたでしょうか。
このようにslackで通知できれば、出力された監視結果ごとにスレッド内で議論ができますし、
監視結果にコメントが簡単に残せます。

今回は使いませんでしたが、ボタン付きメッセージも通知することができます。
このボタンを利用して、監視結果確認チェックや、コマンドラインツールを利用した承認ジョブの実行等、いろんな応用ができます。

機会があれば今度はボタン付きメッセージを利用した運用を紹介したいと思います。
みなさんもよかったら、slackを使って通知をしてみてくださいね!
それでは、アディオス!!!

【Hinemosジョブマップオプション】HULFT連携機能について

今回は、ジョブマップオプションによって利用可能となる、「HULFT連携機能」についてご紹介いたします。
HULFT連携機能では、Hinemosから㈱セゾン情報システムズのファイル転送ソフト、「HULFT」によるファイル転送が可能になります。
Continue reading ‘【Hinemosジョブマップオプション】HULFT連携機能について’ »

【Hinemos6.1】強化されたジョブ機能について

Hinemos ver.6.1ではジョブ機能は以下の3点が主に機能強化、拡大されました。

1.実行時間予測による終了遅延
2.セッションを跨いだイベント連携
3.ジョブの実行の優先度指定

その中でも今回は、3.ジョブの実行の優先度指定についてご紹介いたします。
Continue reading ‘【Hinemos6.1】強化されたジョブ機能について’ »