Archive for the ‘監視’ Category.

監視結果をslackで通知する

最近、企業でslackを使うところが増えてきているみたいですね。
そこで!今回は、Hinemosで監視した結果をslackに出力したいと思います。

①slackに監視通知用のチャンネルを作成する

以下のように、Hinemosの通知を行うチャンネルを作成します。
※slackを登録されていない方は、登録後作成してください。

②作成したチャンネルのWebhookを取得する

着信 Web フック

外部からHTTPリクエストでメッセージを送ることができる機能です。
HTTP通信ができる環境であれば、どこからでもメッセージをslackへ送信することができます。

では作成していきましょう。
まず、slackのメニューから「slackをカスタマイズ」を選択します。

アカウントのメニューから「App管理」を選択します。

管理画面のメニューから「カスタムインテグレーション」を選択後、「着信Webフック」を選択します。

「設定を追加」を押します。
「チャンネルへの投稿」に作成したチャンネルを指定し、「着信Webフックインテグレーションの追加」を押すと
Webhook URLが発行されます。

発行されたページでは、メッセージを送付したときに表示されるアイコンや、bot名などを設定できます。
発行されたwebhookは、記録しておいてください。

③Managerサーバに通知スクリプトを作成し配置する

今回は、気象情報の監視結果をslackで通知してみようかと思います。
※気象情報の監視方法については、こちらを参照してください。

Hinemosサーバに以下のスクリプトを任意の場所に配置します。

slack_post_message.sh

#!/bin/bash

# 引数
# $1: #[GENERATION_DATE] (出力日時)
# $2: #[PRIORITY_NUM] (監視結果)
# $3: #[MESSAGE](気温)

# 送信先のチャンネルとbot名を設定
channel='#hsd_hinemos_mon'
username='hinemos'

# webhookのURL設定
token="https:// hooks.slack.com/services/hogehoge/fugafuga/hogehoge"

# botのアイコンを設定
emoji=':monita2:'

# 重要度によってattachmentの色を変更
color='#FFFFFF'
if [ $2 -eq '0' ]; then
        color="#FF0000"
        priority="危険"
elif [ $2 -eq '1' ]; then
        color="#4169E1"
        priority="不明"
elif [ $2 -eq '2' ]; then
        color="#FFFF00"
        priority="警告"
elif [ $2 -eq '3' ]; then
        color="#00FF00"
        priority="情報"
fi

# 表示するメッセージをJSON形式にフォーマットする
temp=$3
text="出力日時: $1 \n東京の最高気温: ${temp:19}"

attachment="
{
  \"title\":\"${priority}\",
  \"fallback\":\"fallback ${priority}\",
  \"text\":\"${text}\",
  \"color\":\"${color}\"
}"

payload="payload={\"channel\": \"${channel}\", \"username\": \"${username}\", \"icon_emoji\": \"${emoji}\", \"attachments\":[${attachment}]}"

# POSTリクエストとしてWebhookURLに送信
/usr/bin/curl -m 5 --data-urlencode "${payload}" "${token}"

各監視結果の取得には、メールテンプレートの置換文字列を利用します。
今回は、以下の3つを利用しました。

  • #[GENERATION_DATE] (出力日時)
  • #[PRIORITY_NUM] (監視結果)
  • #[MESSAGE](出力メッセージ)

上記以外の置換文字列については、以下のマニュアルを参照してください。

ja_User_6.1_rev2.pdf
6.4.2 メールテンプレートの登録
表 6-19 文字列置換対応一覧

「#[MESSAGE]」は、以下のように出力されている値を取得しています。

これを温度だけにするために、以下で気温だけにフォーマットしています。

text="出力日時: $1 \n東京の最高気温: ${temp:19}"

④Hinemosに監視設定を行う

以下のようにコマンド通知を設定します。

コマンドには以下の内容を入力します。

sh /tmp/slack_post_message.sh "#[GENERATION_DATE]" #[PRIORITY_NUM] "#[MESSAGE]"

以下の設定でカスタム監視を利用して気温を監視します。
通知設定には、上記で作成したコマンド通知を設定します。

⑤実行!!!!

以下のように表示されます。

⑥おわりに

いかがでしたでしょうか。
このようにslackで通知できれば、出力された監視結果ごとにスレッド内で議論ができますし、
監視結果にコメントが簡単に残せます。

今回は使いませんでしたが、ボタン付きメッセージも通知することができます。
このボタンを利用して、監視結果確認チェックや、コマンドラインツールを利用した承認ジョブの実行等、いろんな応用ができます。

機会があれば今度はボタン付きメッセージを利用した運用を紹介したいと思います。
みなさんもよかったら、slackを使って通知をしてみてくださいね!
それでは、アディオス!!!

Hinemosを使って気象情報を監視する

こんにちは。

梅雨も明けて暑くなってきました。夏本番ですね。

皆さんがお出かけする際に一番気になるのは、その日の気象情報ですよね。

今はスマホのアプリを使うことにより簡単にその日の気温などの情報を通知で受け取ることが可能ですが、
例えば、”気温が〇〇℃以上で湿度が△△%以下のときは重要度”警告”で通知、湿度が△△%以上は重要度”危険”で通知“などもっと細かい通知の条件を設定したいと思ったことはありませんか?

そこで、統合運用管理ツール”Hinemos”の出番です。

Hinemosを使うことにより、お天気アプリではできないような細かい複雑な条件を元に監視・通知を行うことが可能です。

それでは早速Hinemosでいろいろ監視してみましょう!
Continue reading ‘Hinemosを使って気象情報を監視する’ »

【Hinemos 6.1】ログ件数監視機能の紹介

今回は、先月公開されたばかりのHinemos ver.6.1の新機能、
「ログ件数監視」の使い方についてご紹介したいと思います。

Continue reading ‘【Hinemos 6.1】ログ件数監視機能の紹介’ »