Posts tagged ‘fluentd’

【Fluentd】アプリケーションログを転送し、オリジナルと同じ状態で出力する

前回の課題として、受信サーバ側で出力する際のログのフォーマットが変わってしまう、というものがありました。「fluent-agent-lite、もしくはfile-alternativeプラグインを使用することで対処できる」というコメントを頂きましたので、今回は、それらを検証してみたいと思います。

Continue reading ‘【Fluentd】アプリケーションログを転送し、オリジナルと同じ状態で出力する’ »

【Hinemos】アプリケーションログをfluentdで転送する

去る4月22日、Hinemos ver4.0.2がめでたくリリースされました。ver4.0.1から数多くの改善や不具合解消が行われていますので、できるだけバージョンアップしたいところです。

さて、Hinemos ver4.0では、アプリケーションログの監視方法がver3.2から変わっています。具体的には、

  • ver3.2…監視対象ノード上のログ転送エージェントが、ログ増分をsyslogプロトコルで転送し、マネージャ側でマッチング
  • ver4.0…監視対象ノード上のエージェントがログ増分のマッチングを行い、マッチしたものだけをマネージャへ伝達

という処理になっています。これにより、マネージャの負荷を軽減しているわけですが、「監視と同時にマネージャサーバへログを転送し、マネージャサーバ上でログを保存したい」という場合には、このver4.0の方式では不都合が生じてきます。

この状況に対応するために、今回はfluentdを使用して、アプリケーションログをマネージャへ転送するよう設定してみます。

Continue reading ‘【Hinemos】アプリケーションログをfluentdで転送する’ »