【Hinemos×IFTTT】 Googleスプレッドシートに監視結果を出力

こんにちは!
最近になってようやくIFTTTを使ってみたのですが、IFTTT非常に便利ですね!
これは是非ともHinemosと組み合わせて使ってみたい(使ってほしい)と思いましたので、
今回はHinemosとIFTTTを組み合わせて出来ることの一例を紹介します!!

例を紹介する前にIFTTTについて少々…

IFTTTとは、「アプレット」と呼ばれる設定を作成することで、異なるWebサービスを簡単に連携させることができるサービスです。
今までもWebサービスを連携させるだけであれば、プログラミングをすることで可能でしたが、IFTTTを使えばプログラミング知識がなくても容易にWebサービスの連携が可能になる、という点が魅力です。

このIFTTTを使って、以下のような作業を行います。

  • Hinemosで監視結果を取得
  • 監視結果を送信
  • IFTTTのトリガーが作動
  • 指定したGoogleスプレッドシートに監視結果が書き込まれる

今回はHinemosから出力日時、重要度、メッセージを受け取り、Googleスプレッドシートに出力したいと思います。
それでは、設定していきましょう。

 

1.IFTTTでアプレットを作成する

まずはIFTTTでアプレットを作成します。
https://ifttt.com/ からSign inします。(アカウントを作成していない場合は作成します。)
ログイン後、アカウントのプルダウンメニューからNew Appletを選択。

最初にThis(トリガー)を作成します。
Thisをクリックすると以下の画像のような検索窓が出てくると思いますので、Webhooksと入力し、検索結果のWebhooksを選択します。

Receive a web request(webリクエストを受け取る)を選択。

Event Nameを入力し、Create triggerをクリック。

これでEvent Nameの情報が入ったwebリクエストを受け取った際に、アクションが実行されます。
Event Nameは後で使用するので、メモしておきましょう!

続いてThat(アクション)を作成します。
Thatをクリックすると以下のような検索窓が出てくると思いますので、Google Sheetsと入力し、検索結果のGoogle Sheetsを選択してください。
※初めてGoogle Sheetsを使用するときは、一度認証をする必要があるため、ポップアップウィンドウでConnectをクリックし、認証の設定をしましょう。

Add row to spreadsheet(スプレッドシートに行を追加する)を選択。

Spreadsheet name、Formatted row、Drive folder pathを入力し、Create actionをクリック。

  • Spreadsheet name
  • Formatted row
  • Drive folder path
  • :スプレッドシート名
  • :追加する行のフォーマット( ||| でセルを分ける)
  • :スプレッドシートが配置されているフォルダのパス
 

分かりやすいようにタイトルを編集し、Finishをクリック。

遷移先の画面でアプレットがOnになっていれば、IFTTT側の設定は完了です。

続いて、監視結果を出力するGoogleスプレッドシートを用意しましょう。
Add row to spreadsheetの設定で入力したDrive folder pathの下にSpreadsheet nameと同じ名前のスプレッドシートを作成します。
今回はIFTTTというフォルダの下にHinemos_IFTTTという名前のスプレッドシートを作成し、ある程度の体裁を整えておきました。
重要度の列に「情報」、「警告」、「危険」、「不明」を入力すると、それぞれに対応した色になるよう条件付き書式設定をしています。

 

2.Hinemos側の準備

続いてHinemos側の準備を行います。
今回は、コマンド通知で監視結果をwebリクエストで送信するスクリプトを実行します。

先程作成したアプレットの画面(My Applets > 先程作ったアプレット)から、左上にあるWebhooksをクリックすると以下のような画面に遷移します。

Documentationをクリックして、キー値を表示します。

左下のTest itで作成したアプレットのテストができるので、心配な方は必要な情報を入力し、スプレッドシートに出力されるか試してみてください。

続いて、マネージャサーバに次のようなスクリプト(hinemos_ifttt.sh)を配置します。
イベント名には1.で作成したアプレットのEvent Nameを入力します。
※以下ではhinemos_ifttt.shを/tmp配下に配置しているものとして進めます。

Hinemosクライアントを使用し、スクリプトが配置されているHinemosマネージャでログインします。
監視設定パースペクティブの監視設定[通知]ビューからコマンド通知を作成します。

実行するコマンドは以下の通りです。

 

3.動作確認

前節まででHinemosからスプレッドシートへ監視結果を転送する設定が完了したので、動作確認をしましょう。
今回はCPU使用率を監視し、Googleスプレッドシートに出力します。
リソース監視で以下のように設定します。
※出力確認用にイベント通知も設定しています。

監視履歴[イベント]ビューを確認すると、CPU使用率の監視結果が表示されています。

Googleスプレッドシートを確認すると…

無事、スプレッドシートに出力日時、重要度、メッセージが出力されました。
出力内容も監視履歴[イベント]ビューに表示されているものと同じです。

 

今回はGoogleスプレッドシートを使用しましたが、IFTTTを使うことでHinemos×SlackやHinemos×LINEといった活用も可能となり、HinemosとWebサービスの連携は大分ハードルが下がったのではないかと思います。

皆さんもIFTTTでHinemosをさらに活用していきましょう!
以上、Hinemos×IFTTTでした。それではまた~