【Hinemos×IFTTT】SMSで監視結果を出力【IFTTT連携ソリューション】

こんにちは。

本日、弊社より『IFTTT連携ソリューション』がリリースされました。
リリースに伴い、『IFTTT連携ソリューション』の使用例を、
こちらの「Hinemos研究日記」に随時 公開していく予定です!

こちらの記事では、LINEにHinemosの通知を出力する方法をご紹介いたしましたが、
LINEを使いたくない、という方向けにSMSで携帯に通知を送る方法をご紹介いたします。

※注意事項
IFTTTのSMSサービスの都合上、受信できるメッセージに制限がございます。
アメリカ、及びカナダ以外(例えば日本)の場合、最大10通/月までとなります。

そんなんじゃ使いものにならないよ!と思う方がいらっしゃると思いますが、ご心配なく。

Nextplusというアメリカの人気メッセンジャー&電話アプリを使用することにより、
上限10通を超えてメッセージを受信することが可能です。以下、Nextplusのセットアップ手順です。

※既にNextplusをインストール済みの方は、読み飛ばしてしまっても大丈夫です。

1.NextPlusのインストール

まずはNextPlusを入手してください。

iPhone版/Android版どちらも無料で利用可能です。

・iPhone版
https://itunes.apple.com/jp/app/nextplus-private-phone-number/id920869470?mt=8&uo=4

・Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=me.nextplus.smsfreetext.phonecalls

インストールが完了しましたら、アプリを起動します。
初回の起動時には以下の画面が表示されますので、左下の「SIGN UP」をタップします。

ユーザー名(Username)とパスワード(Password)を入力し、「Sign Up」ボタンをタップします。

電話番号のエリアコード(市外局番)を選択します。

以下の画面が表示されたら、アメリカの電話番号の取得成功です!

Nextplusでアメリカの電話番号が取得できたら、IFTTT側の設定を行います。

2.『IFTTT連携ソリューション』パッケージの入手

Gitの下記ページへアクセスし、「ダウンロード」からご利用環境にあったパッケージを入手してください。

https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/releases/tag/1.0.0

今回はLinux用の「ifttt_webhooks_trigger.tar.gz」を利用しています。

ご利用環境への配置方法、手順につきましては「4.スクリプト/コンフファイル」のセクションをご確認ください。

また、設定下記URLより入手いただけるマニュアルにも記載しております。

https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/tree/master/manual

3.IFTTTでアプレットを作成する

まず、https://ifttt.com/にアクセスしサインインします。

サインイン後、”New Applet”を選択します。

“this”をクリックし、トリガーとなるサービスの検索画面に進みます。

“Webhooks”と入力し、出てきたサービスを選択します。

サービス内のトリガーを選択します。(今回選択できるのは一種類のみですね)

“Event Name”に任意のイベント名を入力します。こちらは後ほど使用いたしますので、どこかにメモしておいてください。

トリガーの作成は以上です。

続いて”that”をクリックし、アクションとなるサービスの検索画面に進みます。

“SMS”と入力し、出てきたサービス一覧からSMSを選択します。

「Connect」ボタンをクリックすると、電話番号入力欄が表示されます。


Nextplusで取得したアメリカの電話番号を入力し、「Send PIN」ボタンを押します。

SMSにて4文字のPINコードが送られてきますので、そちらを入力します。

「Connect」を押すとIFTTTのSMS連携が利用可能となります。

IFTTTの設定画面に戻り、”Send me an SMS”というアクションを選択します。

SMS通知の際のメッセージを設定します。
※Ingredientに{{OcurredAt}}を追加すると、通知が行われた時間をメッセージに含むことが可能です。

設定が終わりましたら”Crate action”をクリックします。

アプレットのタイトル(説明)を記入し、”Finish”をクリックします。

4.スクリプト/コンフファイルの配置

IFTTT連携スクリプト(Linux用)を管理対象ノードに配置します。

ifttt_webhooks_trigger.tar.gzを展開し、展開されたIFTTTディレクトリを任意の場所に配置してください。以下はtmp配下で展開したものとして手順を記載します。

次に、コピー先ディレクトリを作成します。

ファイルの権限を変更します。

最後に、ifttt_conf.cfgファイルを書き換えます。

“EVENT_NAME”と”KEY”に作成したアプレットのイベント名とキー値を指定してください。

 以上でスクリプト/コンフファイルの設定は完了です

5.Hinemos側の設定

Hinemosクライアントから必要な設定を作成します。

こちらの記事と内容がほぼ同じのため、割愛いたします。

監視結果:

無事に監視結果が携帯に届きました!

以上、簡単でしたがHinemos×IFTTTとSMSの連携方法のご紹介でした。

6.最後に

冒頭でもお伝えしましたが、IFTTT連携ソリューションは、Githubから無料で公開しております。ぜひ、お試しください。

URL:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution

ツールの概要を載せたリーフレットと細かい使い方を記載したマニュアルもGitから公開しておりますので併せてご覧ください。

マニュアル:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/tree/master/manual

リーフレット:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/tree/master/brochure

また、本ソリューションへに対する御意見・御感想などがございましたら、以下ページにてお寄せ下さい。

URL:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/issues


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。