【Hinemos×IFTTT】Hinemosの情報をSlackへ通知する【IFTTT連携ソリューション】

こんにちは。

本日、弊社より『IFTTT連携ソリューション』がリリースされました。

リリースに伴い、『IFTTT連携ソリューション』の使用例を、本日から9/20まで毎週金曜日に

こちらの「Hinemos研究日記」に公開していく予定です!ぜひ、毎週ご確認ください。

今回は、IFTTT連携ソリューションのスクリプトを使用して、監視結果をGoogleスプレッドシートへ出力する手順をご紹介いたします。

0.『IFTTT連携ソリューション』パッケージの入手

Gitの下記ページへアクセスし、「ダウンロード」からご利用環境にあったパッケージを入手してください。

https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/releases/tag/1.0.0

今回はLinux用の「ifttt_webhooks_trigger.tar.gz」を利用しています。

また、設定下記URLよりマニュアルを入手いただけます。

https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/tree/master/manual

 

1.SlackでIFTTTアプリをインストールする

※事前にIFTTTにてアカウント作成、ログインを行ってください。

https://ifttt.com/

ご利用のSlackにてアプリを追加します。

「+アプリを追加する」を選択し、

アプリ一覧から”IFTTT”をインストールします。

以下の画面から”サイトにアクセスしてインストールする”を選択し、

IFTTT内のSlackのページで”connect”を選択します。

そこから”インストール”を選択することで、インストールが完了します。

 

2.IFTTTでアプレットを作成する

まず、IFTTTで”create”を選択します。

“this”をクリックし、トリガーとなるサービスの検索画面に進みます。

“Webhooks”を選択し、

サービス内のトリガー(Receive a web request)を選択します。

“Event Name”に任意のイベント名を入力し、”Create trigger”を押下します。

こちらは後ほど使用いたしますので、どこかにメモしておいてください。

(今回は「Hinemos_Slack」で作成)

トリガーの作成は以上です。

続いて”that”をクリックし、アクションとなるサービスの検索画面に進みます。

サービス一覧からSlackを選択し、

サービス内のアクション( Post to channel )を選択します。

次にアクションを設定し、”Create action”を押下します。

※設定内容を以下に補足します。

・Which channel ?

情報を通知するチャンネル(general)を選択します。

・Message

通知されるメッセージを設定します。

・Title

通知メッセージのタイトルを設定いたします。

 

アプレットのタイトル(説明)を記入し、”Finish”を押下します。

遷移先の画面でアプレットが”Connected(有効)”になっていることを確認したら、上の”Webhooks”をクリックします。

右上の”Documentation”をクリックします。

Webhookのキー値の情報が表示されます。

こちらは後ほど使用いたしますので、どこかにメモしておいてください。

 

3.スクリプト/コンフファイルのセットアップ

「0.『IFTTT連携ソリューション』パッケージの入手」にてご案内しているマニュアルに記載がございます。

マニュアルの「2.セットアップ(Linux)」をご参照ください。

 

4.Hinemosでの設定

Hinemosクライアントから必要な設定を作成しましょう。

今回は、Ping監視を実行し、結果をSlackへ通知します。

まずはPing監視を作成します。

次にコマンド通知を作成します。

コマンド:/opt/ifttt_webhooks_trigger/ifttt_trigger_1.0.0.sh “#[MESSAGE]” “#[PRIORITY]” “#[SCOPE]”

 

5.結果の確認

Hinemos画面での表示

Slackへの通知

 

6.最後に

冒頭でもお伝えしましたが、IFTTT連携ソリューションは、Githubから無料で公開しております。ぜひ、お試しください。

URL:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution

ツールの概要を載せたリーフレットと、詳細な仕様方法等を記載したマニュアルも併せてご覧ください。

マニュアル:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/tree/master/manual

リーフレット:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/tree/master/brochure

また、本ソリューションへに対する御意見・御感想などがございましたら、以下ページにてお寄せ下さい。

URL:https://github.com/hinemos-nb/ifttt_integration_solution/issues

 


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。