【Hinemos】Windowsイベントログを監視して、タスクスケジューラのスケジュールを無効にする

こんにちは。今回はWindowsイベント監視の機能を使用して、タスクスケジューラに登録されている
タスクが実行されたことを検知し、その後スケジュールの有効・無効を切り替えを行う処理までを
Hinemosに行わせたいと思います。

 

■やりたいこと

①  イベントログに出力されるタスクスケジューラのイベントを監視して、
      スケジュール通りにプログラムが実行されたかを監視。

②  ①のプログラムが実行されたことを確認し、タスクによるスケジュール実行を
      一時的に無効化したい。

上記の処理をHinemosに行わせたいと思います。

 

■前提

・HinemosでWindowsイベント監視を行うには、対象となるノードにWindows版の
    Hinemosエージェントをインストールする必要がございます。

・Windowsイベントログに、タスクスケジューラのイベントが
    出力されるようにOS側で設定する必要がございます。

 

■監視設定準備

(1) ジョブ通知を作成する。

Hinemosでは、各監視機能やジョブの実行結果を、ジョブ実行をもって通知することができる
ジョブ通知の機能がございます。このジョブ通知を使用し、Windowsイベント監視で検知した
タスクを無効にします。

以下のように、タスク「hinemos_test」を無効化するジョブ「task_disabled」を作成しました。

 

こちらのジョブを、ジョブ通知「job_notify」に紐づけ、Windowsイベント監視によって
重要度「危険」に設定したイベントを検知した場合、通知が行われるように設定します。

 

 

(2) Windowsイベント監視を作成する。

以下のように、Windowsイベントを監視する設定を作成します。

タスク「hinemos_test」が実行されたことを示すイベントログが出力されると、重要度「危険」として
検知するようにフィルタ定義を作成します。



このイベントを検知したタイミングで、タスクの無効化を行うように(1)で設定した
ジョブ通知「job_notify」を紐づけます。

 

■実行確認

スケジューラによるタスクが実行されたことをHinemosエージェントが検知しています。



その後、ジョブ通知が作動して、スケジューラを無効にする処理を行っています。

 

 

 

監視対象ノードからも、スケジューラが無効になっていることが確認できました。

■補足

Windowsイベント監視を複数設定することで、タスクがジョブ通知によって無効化されたことも
検知することが可能です。

以上、Hinemosによるタスクスケジューラの制御についてのご案内でした。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。