オンプレミス環境でHTTP監視を実行する方法

こんにちは!

今回はオンプレミス環境でのHTTP監視についてご紹介します。

HTTP監視では、

Webサーバの状態を監視し、状態に応じた通知を行います。

一般的にはインターネットに接続していないと監視結果が「不明」になってしまいますが、

今回はオンプレミス環境でHTTP監視を行う方法を紹介します。

注意事項として、この方法はHinemosマネージャとWebクライアントが同居している場合に限ります。

 

1.事前準備

Hinemosマネージャと同じIPアドレスのリポジトリを登録しておきます。


2.監視項目の設定

・まずは、監視設定パースペクティブを開き[作成]を押し、監視種別でHTTP監視を選択します。

(今回はHTTP監視(数値)を選択しました)

・次にURL以外の必要項目をすべて設定します。

(スコープには事前準備で作成したリポジトリを選択してください)

・URLの欄を以下のように設定します

http://[WebクライアントサーバのIPアドレス]#hinemos

・最後にOKボタンを押し監視設定が作成されれば完了です。

 

3. 監視の実行

監視設定で設定した監視間隔の時間がたってから監視履歴パースペクティブを選択すると、

無事に先ほど作成したHTTP監視で「不明」以外の通知を確認することができました。

 

今回はHTTP(数値)で監視を行いましたが、他のHTTP監視については同様に監視することができます。

以上、オンプレミス環境でのHTTP監視の紹介でした。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。