アトミテックの技術研究・研究日誌で
様々なノウハウをお届けいたします。

Hinemos以外の技術情報

STUDY

  • 2019.05.17

    AWS,英語/English

    Applying High Availability to Hinemos Installed on AWS Environment

    In this article, we will implement the Mission Critical feature on Hinemos Manager servers created on AWS. (さらに…)

  • 2018.11.22

    AWS,英語/English,Hinemos Option Features

    Using Cloud Management Feature with Hinemos on AWS Environment

    In this article, we will create an environment with Hinemos ver.6.1.1 on AWS and then implement the Cloud Management feature (for AWS).   [Preparation] Create an instance on AWS from Red Hat Ente…

  • 2018.11.20

    AWS

    AWS上にHinemosを構築して、クラウド管理機能を使ってみる

    今回はAWS上にHinemos ver.6.1.1を構築し、クラウド管理機能(AWS版)を導入してみたいと思います。   [準備] AWS上にRed Hat Enterprise Linux のAMIから、インスタンスを作成     → インスタンスタイプはt2.smallで作成しました。 クラウド管理機能を利用するため、アクセスキーIDとシークレットアクセスキーを用意しておきます。 &…

  • 2018.09.18

    監視,fluentd,Hinemosをより使いやすく

    fluentdを使用したデータ転送

    こんにちは。 今回はHinemosの収集蓄積の転送機能を使用しHinemosに収集・蓄積したデータを 他の外部ツールに転送する方法についてご紹介いたします。 使用する外部ツールは「fluentd」です。   <Hinemosとfluentdの関係性> Hinemosで収集したデータをfluentdへ転送し、fluentdからSWH/ビッグデータ分析基盤へ連携が可能になります!…

  • 2018.08.31

    fluentd,その他,Hinemos + 他ツール,Hinemos学習者研究報告,Hinemosをより使いやすく

    Hinemosの転送機能を利用してElasticsearchへ収集情報を転送してみる

    Ver.6.0以降のHinemosには転送機能が搭載されております。 この機能により、マネージャ内に蓄積された監視結果やログを外部のビッグデータ分析基盤へ転送することが可能です。 今回はその使用例を簡単にご紹介します。   準備 Hinemosの転送機能では、デフォルトで転送先にfluentdを選択することができます。 今回はデフォルトの設定を利用し、fluentdへ収集した監視結果を転…