アトミテック、「Red Hat OSS Integration Center」に参加

アトミテック、「Red Hat OSS Integration Center」に参加
~オープンソース運用管理ツール(Hinemos)への移行を推進~

2013年9月18日

株式会社アトミテック(本社:山口県宇部市、代表取締役:松本浩司、以下アトミテック)は、レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:廣川裕司、以下レッドハット)開設の「Red Hat OSS Integration Center」(以下、OSSセンター)にRed Hat OSS Integration Center パートナー企業として参加します。このOSSセンターは、参加パートナー企業とレガシーシステムを熟知した人材にて運営し、お客様の既存システムをOSSを活用した新IT基盤やクラウド環境への移行を推進することを目的としています。

レッドハット株式会社 プレス(http://jp.redhat.com/about/news/
Red Hat OSS Integration Center(http://jp-redhat.com/oss_integration_center/

アトミテックは従来より、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)の運用管理ツールHinemosを対象とした構築支援、保守サポート、開発に注力しており、近年では商用運用管理ツールからHinemosへの移行サービスを当該需要の増加に伴い提供しています。OSSによるベンダーロックインの回避などお客様のOSSへの高まる期待に応えるべく、OSSセンターのパートナー企業として参画することで今後更なる注力を行って参ります。

 

背景

アトミテックは2009年10月にHinemosソリューションパートナーとなり、更なるHinemosの利用を促進するため、2012年5月より商用運用管理ツールからHinemosへの移行サービスを提供してきました。

 

商用運用管理ツールからHinemosへの移行サービスの特徴

主に運用管理コスト削減を実現するため、従来の商用運用管理ツールの上で運用中のジョブ定義情報からHinemosへの効率的な移行サービスを提供するものです。
第一弾として、代表的な商用運用管理ツールの一つであるJP1のジョブ定義情報をHinemosで活用できるよう、定義の見直し、変換、再構築等による移行サービスをご提供しております。
商用運用管理ツールからHinemosへの移行サービスの詳細については下記紹介ページをご覧ください。
商用運用管理ツールからHinemosへの移行サービス紹介ページ

 

アトミテックとしての展開

近年では幅広い分野で数多くのOSSが活用されており、この流れはさらに大きくなるものと予想されます。アトミテックでは、引き続きHinemosにおける構築支援、保守サポート、開発に取り組むとともに、OSSセンターでの活動を通じて商用運用管理ツールからの移行サービスについてもこれまで以上に積極的に取り組んでいきます。

(注) Hinemosは、日本国内におけるNTTデータの登録商標です。
(注) その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

Hinemos StartUp ガイド

Hinemos StartUp ガイドは、初めて Hinemos を使用する方を対象に、本書付属の仮想マシン環境を用いて Hinemos のインストール設定から基本的な操作までの習得を目的としたものです。

現在、Amazon.co.jp より「Hinemos StartUp ガイド」を発売させて頂いております。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HSFRAVM (ver.4.1 対応版)

 

特長

Hinemos は、株式会社 NTT データが開発しているオープンソース統合運用管理ソフトウェアです。
本製品では初めて Hinemos に触れる方を対象に、仮想マシン環境を用いて Hinemos の導入から基本的な操作を学習する事ができます。
本製品に付属する仮想マシンには、必要なパッケージのダウンロードと一部の設定があらかじめ行われているため、スムーズに環境構築と操作の学習をスタートする事ができます。

 

提供方法

Amazon.co.jp にて 3,980 円(税込)で Hinemos StartUp ガイドを販売します。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HSFRAVM (ver.4.1 対応版)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00C3C24JS (ver.4.0 対象)

OSS 統合運用管理ソフト「Hinemos®」の Ubuntu 版提供開始

株式会社アトミテック(以下アトミテック)は、株式会社 NTT データ(以下 NTT データ)が提供する OSS 統合運用管理ソフト「Hinemos®」の対応プラットフォームを拡充し、Linux ディストリビューションである Ubuntu への対応を行い、2013 年 4 月 10 日より提供を開始します。また、この Ubuntu 対応版 Hinemos に関する構築や保守などのサポートについて、本日よりアトミテックから提供いたします。

 

背景

近年、システム環境における Linux の利用が一般的になる中、著名な Linux ディストリビューションの一つである Ubuntu の利用が拡大しています。Ubuntu を含むシステムに対する運用管理のニーズに対応するため、Hinemos 開発元である NTT データの技術支援のもと、Hinemos ソリューションパートナーであるアトミテックにて Ubuntu 対応版 Hinemos の検証・開発を行いました。
クラウドや仮想化基盤におけるキー ファクターとして運用が注目されていますが、Ubuntu へ対応する統合運用管理ソフトウェアは少ないのが現状です。今回の対応により Ubuntu 導入環境における実績のある統合運用環境が提供されることとなります。

 

Ubuntu 対応版 Hinemos の概要

1. 対応する Hinemos のバージョン・モジュール:Hinemos ver.4.0.1 のマネージャーおよびエージェント
2. 対応する Ubuntu のバージョン:Ubuntu Server 12.04 (LTS)
3. 通常版 Hinemos が提供するほぼ全ての機能が利用可能
4. 通常版 Hinemos のバージョンアップ等への追随を予定

 

Ubuntu 対応版 Hinemos の提供モジュール・提供方法

モジュール名提供方法

Ubuntu(32-bit) 対応版 Hinemos マネージャー Ubuntu(32-bit) 対応版 Hinemos エージェント
SourceForge.JP にて無償公開 SourceForge.JP にて無償公開

 

※ Hinemos クライアントについては通常版 Hinemos のものを利用可能です。
※ 64-bit 版についてはお問い合わせください。

ダウンロードサイト:SourceForge.JP 内の Ubuntu 版 Hinemos プロジェクト
http://sourceforge.jp/projects/hinemosonubuntu/

 

Ubuntu 対応版 Hinemos に対するサービス

アトミテックは、現在提供中の Hinemos 保守サポートサービスを Ubuntu 対応版 Hinemos にも拡大し、Ubuntu 導入環境における Hinemos の活用を支援して参ります。

Ubuntu 対応版 Hinemos の詳細およびサービスについては、下記ページをご覧ください。
Ubuntu版Hinemos 紹介ページ

● 「Hinemos」は日本国内における株式会社 NTT データの登録商標です。
● その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

 

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社アトミテック 東京本社
Hinemos 担当
Tel: 050-3775-7632
sales@atomitech.jp

 

 

 

アトミテック電力管理プラグイン

Hinemos に登録されたノードに対して、電力および温度を監視するための、Hinemos クライアントのアドオンです。

アトミテック電力管理プラグインは、「Hinemos」クライアントのアドオンとして構成されます。
Hinemos に登録されたノードに対して、電力および温度を監視します。
詳細はこちらの PDFをご覧ください。

 

power_mgmt

 

2012年11月14日より無償にてデモ版のツール、ドキュメントを提供致します。
ご希望の方は、お手数ですが sales@atomitech.jpまでお問い合わせください。

商用運用管理ツールからのジョブ移行サービスに関する資料をアップしました

近日中にサービス開始予定である、商用運用管理ツール上で運用中のジョブ定義情報から、Hinemosへのジョブ移行サービスに関する資料を公開しました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。