構築支援

運用環境構築サービス

お客様のご要望をお伺いし、Hinemosによる運用管理環境の構築を行います。Hinemosクライアント、マネージャ、エージェント、そして各追加機能のインストール、基本設定等、Hinemosでの運用環境を構築いたします。
運用環境構築サービスについて、詳しくはお問い合わせください。

運用環境構築サービスの主な流れ

ヒアリング→ご提案→設計→環境構築→テスト→引き渡し

バージョンアップサービス

Hinemosは2005年のver.1.0リリース以降、ver.2.0、2.1、2.2、2.3、2.4、ver.3.0、3.1、3.2、ver.4.0、4.1、ver.5.0、ver.6.0、6.1のメジャーバージョンがほぼ毎年のようにリリースされています。このようにHinemosの進化は目覚ましく、また、ver.4.0以前の通常保守サービス期間の終了も相まって、ご利用中のHinemosのバージョンアップをご希望されるお客様が増えて参りました。アトミテックではこのようなお客様を対象としたバージョンアップサービスを提供しております。

ver.4.0以前をご利用のお客様は、最新のバージョンへの移行をおすすめいたします。
バージョンアップサービスについて、詳しくはお問い合わせください。

製品サポート終了日

バージョン 4.0

通常保守 2015年6月30日
延長保守 2017年6月30日
特別延長保守 2019年6月30日

バージョン 4.1

通常保守 2018年9月30日
延長保守 2021年9月30日
特別延長保守 2023年9月30日

バージョン 5.0

通常保守 2020年3月31日
延長保守 2023年3月31日
特別延長保守 2025年3月31日

バージョン 6.0

通常保守 2022年3月31日
延長保守 2025年3月31日
特別延長保守 2027年3月31日

バージョン 6.1

通常保守 2023年3月31日
延長保守 2026年3月31日
特別延長保守 2028年3月31日
製品サポート終了日
バージョン通常保守延長保守特別延長保守
4.02015年6月30日2017年6月30日2019年6月30日
4.12018年9月30日2021年9月30日2023年9月30日
5.02020年3月31日2023年3月31日2025年3月31日
6.02022年3月31日2025年3月31日2027年3月31日
6.12023年3月31日2026年3月31日2028年3月31日

通常保守サービス

通常保守サービスはHinemosメジャーバージョンリリースを起点にver.4.0以前は3年間、ver.4.1以降は5年間適用される保守サービスです。
通常保守サービス期間内ではマイナーバージョンのリリース、修正パッチ作成、技術問い合わせ対応を行います。

延長保守サービス

延長保守サービスは通常保守サービス終了後ver.4.0以前は2年間、ver.4.1以降は3年間適用される保守サービスです。
延長保守サービス期間内では技術問い合わせ対応を行います。

特別延長保守サービス

特別延長保守サービスは延長保守サービス終了後最大2年間適用される保守サービスです。
特別延長保守サービス期間内では技術問い合わせ対応を行います。

商用運用管理ツールからの
移行サービス

Hinemosは、オンプレミス・仮想化・クラウドといった様々な環境に対して、比較的低コストでの導入、運用が可能です。 既存システムのリプレースや商用運用管理ツールのバージョンアップなどを契機として、主にコスト削減の観点から多くの方がHinemosへの移行をご検討されております。

アトミテックではHinemosへのスムーズな移行を実現できるよう、商用運用管理ツールからの移行サービスで移行コストを削減し、トータルコストの削減を実現します。各種商用運用管理ツールからHinemosへの移行に関するご相談は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

商用運用管理ツールからの
移行サービスの詳細はこちら