機能一覧

機能一覧

統合画面機能

オペレータが使用する操作画面を統合する機能です。各種操作画面レイアウトを好みに応じて設定・保存することにより操作性の向上を図れます。

リポジトリ機能

Hinemosで運用管理する管理対象の情報を登録、変更、削除する機能です。リポジトリには、実際の管理対象の機器を表すノードの構成情報や資産管理情報を登録することが可能です。さらにノード情報を任意の視点からグループ化(Hinemosでは「スコープ」と呼ばれる)・階層化して管理することを可能とします。

ここで設定したリポジトリ情報を他の機能から利用します。

カレンダ機能

稼動/非稼動の期間を設定し、実行の有無を判断する機能です。例えば、平日と祝日を設定して、その設定内容を監視設定とジョブ機能の両方から利用するといった事が可能です。

監視機能

システムやアプリケーションのログや監視対象ノードのステータスを監視する機能です。リソースの使用状況やサービスの稼働状況など、10種類以上の監視が可能です。

監視設定機能

監視の設定を一元的に管理するための機能です。監視および通知設定の追加・変更・削除ができ、設定されている各種監視設定は一覧で確認することが可能です。

性能管理機能

数値管理の収集値をグラフ表示、ファイル出力する機能です。

ジョブ管理機能

複数のノードで実行される定期的な作業の自動化、インシデント発生時の定型業務などの作業を自動化する機能です。

一括制御機能

一度の操作で複数のノードに一括で処理を行う機能です。

メンテナンス機能

Hinemosを運用していく上で必要となる、内部データベースに蓄積する履歴情報の削除処理を実施する機能です。

アカウント機能

ユーザとロール(登録されたユーザを役割毎にまとめたグループ)およびアクセス権を管理する機能です。

クラウド管理機能

マルチクラウド、ハイブリッドクラウド環境を管理する機能です。クラウド環境でのインスタンス作成から監視、ジョブ、課金管理などを行うことが可能です。

VM管理機能

VMwareやKVMなどの仮想化環境と従来環境をシームレスに運用することが可能です。

ジョブマップ機能

ジョブの概念、遷移をグラフィカルに表現することが可能です。またHULFTとの連携機能により、効率的にHinemosとHULFTを管理することが可能です。

ノードマップ機能

監視対象やイベントなど、システムの状態をグラフィカルに表現することが可能です。

高可用化機能

Hinemosをクラスタリングすることで高可用性を持たせることが可能です。

インポート、エクスポート機能

SNMPTRAP MIBの読み込みや設定データのインポート・エクスポートなどを効率的に行うことが可能です。