HinemosのDB内部のテーブルサイズを確認する

Hinemosの内部DBの肥大化は、Hinemosマネージャの性能劣化につながります。
Hinemosでは履歴情報削除機能によって、定期的に蓄積されたレコードを削除してくれますので、
より良い性能で、長く動作してくれるよう、レコードの生成量に合わせて削除量を適切に調整したいですね。

今回は、レコードが溜まりやすいテーブル限定ですが、
DBのテーブル上へ蓄積されたレコード件数とサイズを確認する方法をご紹介します。

Continue reading ‘HinemosのDB内部のテーブルサイズを確認する’ »

【Hinemos 6.0】性能グラフから監視の閾値を変更する

今回はHinemos ver.6.0から大きく仕様が変更された、性能グラフから監視の設定を
変更する方法を紹介いたします。

Continue reading ‘【Hinemos 6.0】性能グラフから監視の閾値を変更する’ »

【Jenkinsに入門してみた】終わりに

前回までの5回に渡り、

  • Jenkinsのインストール
  • リポジトリの設定
  • ビルドジョブの設定と実行
  • 結果の通知

までを一通り試しましたが、これらはあくまでJenkinsの最低限の使い方に過ぎません。実際には、もっと高度で複雑な設定を行い、ビルド、テスト、およびデプロイを可能な限り自動化するのが、Jenkinsの本来の活用方法だと思います。

今回紹介できなかったトピックとしては、

  • AntやMaven等のビルドツールを使用したビルド
  • 自動化テストの実行、結果のレポート
  • コードカバレッジの計測とレポート
  • コードインスペクションの実行
  • Pipelineを使用した複雑なジョブの定義
  • エージェントを使用した分散ビルド
  • 成果物の自動デプロイ
  • インシデント管理システムとの連携
  • Jenkinsのコマンドライン操作
  • Jenkinsの安定的な運用方法

などがあります。また、JenkinsとHinemosとは機能的な共通点がいくつかあるように思いますので、Hinemosとの比較もしてみたいと思います。今後、機会を捉えてご紹介していければと思います。