【Hinemos 5.0】特定のジョブの実行結果をコマンドで取得する(その1の補足)

前回の記事で、ジョブの起動コマンドの戻り値を取得する方法をご紹介しましたが、実は、一点ほど困った問題があります。

対象のジョブを、スコープを指定して複数のノードで実行した場合に、前回ご紹介したコマンドラインツール(Job_getNodeDetailList.py)は、以下のような情報を出力します。

[root@nodexxx hinemos_command_line]# ./Job_getNodeDetailList.py \
> -H http://127.0.0.1:8080/HinemosWS/ -U hinemos -w hinemos \
> -S 20161129102740-000 -J JU_TEST -I JB_TEST
[(jobNodeDetail){
   endDate = "2016/11/29 10:27:41.707"
   endValue = 12
   facilityId = "nodexxxalt"
   message = "[2016/11/29 10:27:41] stdout=, stderr=
[2016/11/29 10:27:41] コマンド終了待ち
[2016/11/29 10:27:40] エージェント応答待ち"
   nodeName = "nodexxxalt"
   startDate = "2016/11/29 10:27:41.629"
   status = 300
 }, (jobNodeDetail){
   endDate = "2016/11/29 10:27:41.640"
   endValue = 12
   facilityId = "nodexxx"
   message = "[2016/11/29 10:27:41] stdout=, stderr=
[2016/11/29 10:27:41] コマンド終了待ち
[2016/11/29 10:27:40] エージェント応答待ち"
   nodeName = "nodexxx"
   startDate = "2016/11/29 10:27:41.523"
   status = 300
 }]

http://127.0.0.1:8080/HinemosWS/, getNodeDetailList succeeded.

ご覧のとおり、endValueが2ヶ所あります(いうまでもなく、ジョブの実行ノード数と同じです)。つまり、単純にgrepすると、endValueが2行ヒットしてしまい、正しい戻り値が取得できないということになります。これは困りました…

Continue reading ‘【Hinemos 5.0】特定のジョブの実行結果をコマンドで取得する(その1の補足)’ »

【Hinemos 5.0】特定のジョブの実行結果をコマンドで取得する(その1)

Hinemosのジョブ管理機能では、「待ち条件」を使うことで、あるジョブの終了状態や終了値に応じて、次のジョブを実行するかどうかを制御することができます。

待ち条件の設定画面

待ち条件の設定画面

それでは、次のジョブの動作そのものを、前のジョブの実行結果によって変えたい場合はどうすれば良いでしょうか。

Continue reading ‘【Hinemos 5.0】特定のジョブの実行結果をコマンドで取得する(その1)’ »

【Hinemos 5.0】Hinemosクライアントのヒープメモリ割り当て量を増やす

Hinemosクライアントのヒープメモリの割り当て量は、デフォルトでは、リッチクライアントが32~128MB、Webクライアント(Tomcat)が256MBとなっています。通常の運用ではこれで十分ですが、規模の大きい環境では、大量の情報を読み込んだ等の理由で、まれにHinemosクライアントのヒープメモリが不足することがあります。

Continue reading ‘【Hinemos 5.0】Hinemosクライアントのヒープメモリ割り当て量を増やす’ »