Hinemos ver7.0.1がリリースされました!

目次
はじめに
1. Hinemos ver.7.0.1
  ●Hinemos ver.7.0.1とは?
  ●リリース概要
2. Hinemosメッセージフィルタ ver.1.1.0
  ●Hinemosメッセージフィルタとは?
  ●リリース概要
おわりに

■はじめに

こんにちは。
今回は、2022年7月29日(金)にリリースされたHinemos ver.7.0.1、Hinemosメッセージフィルタ ver.1.1.0についてご紹介いたします。

1.Hinemos ver.7.0.1

●Hinemos ver.7.0.1とは?

2022年3月にリリースされたHinemos ver.7.0のマイナーバージョンアップとして、Hinemos ver.7.0.1をリリースいたしました。
Hinemos ver.7.0.0からいくつもの機能改善が実施されました。

●リリース概要

Hinemos ver.7.0.1における主な機能改善は以下の通りです。

  • Hinemos SDMLの正式対応
  • Hinemos RPA管理機能の正式対応
  • 通知の監視詳細、アプリケーションおよびスコープの内容を改善
  • Hinemosが使用するTLSクライアントをTLS1.2に固定(JREの仕様変更への対応)

ver.7.0.1から正式対応した新機能は以下の2つです。
これらの機能を活用することでより便利にHinemosを活用いただけます。

Hinemos SDML 監視をしたいソフトウェアに指定のモジュール(Hinemos Logging)を導入して連携することで、Hinemosの監視や収集の制御を実現
Hinemos RPA管理機能 RPAツールの導入・稼働状況を見える化し、HinemosとRPAツールの連携による自動化を実現

また、Hinemos ver.7.0.1とあわせて、以下をリリースしております。
これにより、クラウド・VM、ミッションクリティカル機能等の改善も図られています。

  • Hinemosクラウド管理機能 AWS版 ver.7.0.b
  • Hinemosクラウド管理機能 Azure版 ver.7.0.b
  • Hinemos VM管理機能 VMware版 ver.7.0.b
  • Hinemos VM管理機能 Hyper-V版 ver.7.0.b
  • Hinemos ミッションクリティカル機能 ver.7.0.b
  • Hinemos Utility機能 ver.7.0.b

Hinemosの機能について詳しく知りたい方は、以下をご確認ください。
https://atomitech.jp/hinemos/#function

 

2.Hinemosメッセージフィルタ ver.1.1.0

●Hinemosメッセージフィルタとは?

ルールエンジンを活用し、インテリジェントなアラートを実現します。
これにより、不要なメッセージを抑制し、本質的なイベント対処への注力が可能になります。

フィルタ条件は、When/Thenで定義するシンプルなルールを指定するだけでOKです。
監視やジョブ実行結果のフィルタリングなど、Hinemosとシームレスに連携が可能です。

●リリース概要

Hinemosメッセージフィルタ ver.1.1.0における主な機能追加・改善は以下の通りです。

  • 非同期ルールアクションの結果をルールから参照できるようになります。
  • HinemosマネージャへのHTTPS接続でサーバ証明書の厳密なチェックが可能となります。

Hinemosメッセージフィルタついて詳しく知りたい方は、以下の資料をご確認ください。
https://atomitech.jp/document/hinemos_messagefilter/

 

■おわりに

この記事ではHinemos、Hinemosメッセージフィルタの最新バージョンについてご紹介しました。
ぜひ、これからの統合運用管理に最新のHinemosをお役立てください!

Hinemosについてより詳しく知りたい方はこちら↓

●Hinemosについてもっと知る

Hinemos導入はアトミテックにお任せください

見積もりを依頼する

最新情報発信中

Twitterやメルマガでも、Hinemosの保守、
開発、導入、構築やカスタマイズ等の
お役立ち情報を発信しています。
是非ご登録ください。