投稿日: 2017年6月17日


いいね!
読み込み中...

【Jenkinsに入門してみた】Gitリポジトリの作成

この記事は5年以上前に書かれたものです。 情報が古い可能性があります。

前回、Jenkinsのインストールと起動まで行いました。今後は、Jenkins上でビルド用のジョブを登録し、実際にビルドを行ってみたいと思いますが、その前に、Jenkinsがソースコードを引っ張ってくるためのGitリポジトリを作成してみます。

Jenkinsは通常、Git等のリポジトリからソースコードを取得してビルドを行います。ということで、ビルド用のジョブを登録する前にリポジトリを用意する必要があります。今回は、Gitの適当なリポジトリを作成し、非常に簡単なJavaプログラムを作成してリポジトリに追加してみます。

これで、ソースファイルがリポジトリにコミットされました。

ただし、このままではJenkinsからリポジトリにアクセスすることができません。サーバ上でいくつかの手順を踏む必要がありますが、これを調べるのにかなり悪戦苦闘しました…少々長くなりそうなので、手順は次の記事でご紹介したいと思います。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。
※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。

定期的にHinemos相談会をzoomで開催しております。
下記もご利用ください。