【Vim】 文字コードの自動認識がうまくいかない時の回避策

この記事は10年以上前に書かれたものです。 情報が古い可能性があります。

Hinemos以外のトピック第2弾です。

Vimで文字コードを自動認識するための設定を、Webから拝借して.vimrcに入れていますが、それでも正しく認識されないことがよくあります。例えば、最初の数行はASCII文字のみで、その後にUTF-8のマルチバイト文字があるような場合には、必ずといっていいほどCP-932と認識されてしまい、その都度:e ++enc=utf8を入力していました。

Webで調べてみると、自動認識の際の文字コードの順番に問題があるようでした。

参考URL:
vimの文字化けについて – fudist

当方ではUTF-8がメインなので、utf-8を優先するよう、上記URLを参考にして.vimrcに設定を追加してみました。

2012/05/14 追記:上記の設定でもうまくいかない事があるため、最終的には以下のようにしました。

なお、これでも完全に問題を解消できるわけではないため、万が一文字化けが再発した時のために、文字コードの再認識を手軽に行えるキーバインドも追加してみました。

これで、日頃の悩みが解消できそうです。以上、VimのちょっとしたTipsをご紹介しました。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。