【Hinemos ver.6.2.2】カスタムトラップ監視を利用する

こんにちは。
今回は、「カスタムトラップ監視」についてご紹介させていただきます。

まずは、機能について簡単に説明致します。
カスタムトラップ監視は、
監視対象ノードからjson形式で送信されるリクエストのkeyを指定して、
Hinemosマネージャで受信し、監視を行う機能です。
これにより、

「数ある情報の中から、json形式で送信されるリクエストのkeyに対応した、情報を取得することができるため、状況に応じた必要な情報のみを効率よく取得することが可能です。」


■jsonについての簡単な説明

jsonとはJavaScript Object Notationの略でデータフォーマットの一種です。
{}波括弧で括りその中にデータを書いていきます。
左にkey、右にvalueを書いてあげます。
そうすることによって、keyを指定することでvalueを呼びだすことができます。
一つのデータが書き終わったら、「,」カンマ区切りで次のデータを書いていきます


■Hinemosマネージャで受信可能なjson形式

Hinemosマネージャに送信する json は、
“FacilityID”のペアと”DATA”のオブジェクトで構成する必要があります。

数値の監視の場合は、”TYPE” の値に “NUM” を指定してください。
文字列の監視の場合は、”TYPE” の値に “STRING” を指定してください。


■動作概要

カスタムトラップ監視機能の動作概要は以下の通りです。
1. Hinemosクライアントよりカスタムトラップ監視を設定します。
2. json形式のリクエストをHinemosマネージャが受信します。
3. キーパターンと”KEY”の値を比較し、監視対象のjsonのオブジェクトを判別します。
4. “MSG”の値に対して閾値判定または、パターンマッチ処理を行います。


■設定手順

それでは、カスタムトラップ監視(数値)の設定手順をご紹介していきます。

リポジトリパースペクティブのノードビューにて、Hinemosマネージャに対して、
リクエストを送るためのノードを登録します。

監視設定パースペクティブの監視設定[通知]ビューにてイベント通知を作成します。
監視が意図通り動作しているか通知して確認するためのものです。

監視設定パースペクティブの監視設定[一覧]ビューにてカスタムトラップ監視(数値)を作成します。
監視の対象とするスコープは先ほど作成したノードを設定します。
キーパターンには、json形式のリクエスト時に設定しているキーパターンを設定します。
通知IDには先ほど作成した監視通知notify_eventを設定します。

以上で設定は完了です。


■Hinemosマネージャにむけてjson形式のリクエストを送信

リポジトリに登録した、監視対象のノードより、json形式のリクエストをcurlコマンドで送信します。


■監視結果の確認

監視履歴パースペクティブの監視履歴[イベント]ビューより、
監視の対象としたスコープを選択します。

監視対象ノードからリクエストした内容が確認できました。

以上、簡単ですが、カスタムトラップ監視についてご紹介いたしました。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。