ログインパスワードの復旧方法のご紹介

こんにちは。

パスワードを変更したけれど、その新しいパスワードを思い出せずログインできなくなってしまった、
というシチュエーションってけっこうありますよね?

でも、心配なく。

もし、パスワード変更前の管理DBのバックアップが残っている場合、管理DBのリストアを実施することで変更前のパスワードへ戻すことが可能です。

実際にやってみた

ユーザの作成

ユーザ:hoge
パスワード:hoge

管理DBのバックアップを取得

以下のマニュアルに従って管理DBのバックアップを取得します。

Hinemos管理者ガイド 3.1.5 データベースのバックアップ

1. ダンプファイル(データベースのバックアップファイル)を出力するディレクトリ(/tmpを例とします)に移動します。

2. メンテナンススクリプトを実行します。



パスワードの変更

変更前:hoge
変更後:hoga

これで、変更前のパスワード(hoge)ではログインできなくなりました。

確認。

管理DBのリストア

それでは、以下のマニュアルに従って管理DBをリストアします。

Hinemos管理者ガイド 3.1.6 データベースのリストア

1. Hinemosマネージャを停止させた後、PostgreSQLを起動します。

2. メンテナンススクリプトを実行します。

3. PostgreSQLを停止させた後、Hinemosマネージャを起動します。


リストア後、変更前のパスワード(hoge)でログインを試します。

確認。

無事、ログインできました。

 

もう一つのパスワード変更方法


なお、上でご紹介したマニュアルの方法を実施できない場合は、
管理DBを無理やり修正することでパスワードを変更する方法がございます。

※注意
こちらのパスワード変更方法は正規の方法ではございませんので、
実施する場合は必ず事前にバックアップを取得してください。
また、以下の手順を実施したことによりHinemosが正常に動作しなくなっても、
サポート(保証)の対象外となりますので、ご注意ください。

パスワードを強制的に変更する方法

次の手順で、任意のユーザIDのパスワードを強制的に初期化(“hinemos”に)
することが可能です。

1. マネージャサーバ上で次のコマンドを実行し、JVMのみ停止します。

2. マネージャサーバ上で次のコマンドを実行します。
これにより、任意のユーザID(hogeを例とします)のパスワードを”hinemos”に更新します。

※コマンドは1行として実行してください。

3. マネージャサーバ上で次のコマンドを実行し、JVMを起動します。

ログインできるか確認。

ユーザ:hoge
パスワード:hinemos

結果。

“hoge”ではなく、”hinemos”でログインすることができました。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。