HTTPSを利用したマネージャへの接続方法

こんにちは。

今回は、クライアントからHTTPSを利用してマネージャに接続する方法について、ご紹介いたします。

HinemosマネージャへHTTPSにより接続する場合、Hinemosマネージャ側でサーバ証明書を準備する必要があります。
まずは、Hinemosマネージャサーバのサーバ証明書(PKCS#12)を作成します。 本節では、一例としてOpenSSL(OpenSSL 1.0.0-fips 29 Mar 2010)を使用した自己署名証明書の作成例について記載します。

1. デフォルトのopenssl.cnfをコピーします。


2. 以下のように、openssl.cnfを修正します。


3. 以下のコマンドにより、証明書を作成します。


4. Hinemosマネージャの設定

次に、準備したサーバ証明書を、Hinemosマネージャから読み込みます。 Hinemosマネージャからサーバ証明書を読み込むに は、Hinemosクライアントのメンテナンスパースペクティブ →メンテナンス[Hinemosプロパティ]ビューを開き、以下のパラ メータを変更します。

上記設定後、Hinemosマネージャを再起動してください。



5. HinemosWebクライアントからHinemosマネージャに接続する

HinemosWebクライアントを起動し、接続[ログイン]ダイアログの接続先URLに以下を設定し、ログインしてください。


以上、簡単でしたが、HTTPSを利用したマネージャへの接続方法について紹介になります。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。