INTERNALイベントの出力先を変更する

こんにちは。

今回はHinemos内部で発生するイベントであるINTERNALイベントの出力先を変更する方法をご紹介いたします。

INTERNALイベントの出力先は、デフォルトでは監視履歴パースペクティブの監視履歴[イベント]ビューに出力され、出力先は他にSyslog、メール、コマンド、hinemos_internal.logに設定することが可能です。

INTERNALイベントの出力先は、Hinemosクライアントのメンテナンスパースペクティブのメンテナンス[Hinemosプロパティ]ビューで設定を変更します。

今回はHinemos ver.6.2.2 Linux版Webクライアントにて、メモリ容量をコマンド通知に変更する方法を例にご説明したいと思います。

はじめに、デフォルトでは以下のように監視履歴[イベント]ビューに出力されます。

 

次に、メモリ容量をコマンド通知にするための設定をします。
HinemosWebクライアントにてメンテナンスパースペクティブを開き、メンテナンス[Hinemosプロパティ]ビューの以下のinternal.commandパラメータにより、コマンドの実行有無、出力レベル、実効ユーザ、コマンド、タイムアウトを設定することができます。

・internal.command

・internal.command.priority

・internal.command.user

・internal.command.commandline

・internal.command.timeout


以下のようにコマンドの実行を有効、今回は/tmp/test.textに重要度・ファシリティID・出力日時・メッセージが出力されるように設定し、その他の設定はデフォルトの状態としました。

 

 

先程設定したコマンド実行で作成された/tmp/test.txtを確認してみると、以下のようにINTERNALイベントの内容が出力されていることが確認できました。

 

以上、簡単でしたが、INTERNALイベントの出力先の変更についてのご紹介でした。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。