Hinemosエージェントログの日次ローテート

こんにちは!
今回は、Hinemosエージェントのログファイル”agent.log”の
日次ローテートについてご紹介します。

まず、基礎知識として、”agent.log”は「{Hinemosエージェントのインストール
ディレクトリ}/var/log/配下」に出力されます。
この”agent.log”にはHinemosエージェントの動作に関するログが出力されていて、
Hinemosエージェントの動作に問題が発生した際には、このファイルの内容を
確認することで、保守サポートでは原因調査を行っています。

そんな”agent.log”ですが、デフォルトだと20MBごとにローテートが
行われ、4世代まで貯まります。

今回は、これを日次でローテートする方法をご紹介します。

日次でローテートする際には、設定ファイル”log4j.properties”
を以下のように修正します。

★編集前

★編集後

この修正により、”agent.log”は”agent.log-yyyyMMdd”というファイル名で
日次ローテートされるようになります。

注意点としては、こちらの変更を行うと、世代管理ができないため、
“agent.log”が貯まり続けてしまいます。
そのため、定期的に不要な”agent.log”を削除する必要があります。

終わりに

今回は”agent.log”を日次ローテートする方法についてご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか。
過去の”agent.log”をストレージなどに退避して一定期間保管しておきたい、
といった場合にはこちらの設定が便利かもしれません。

それでは、また!


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。