【Hinemos 6.0】承認ジョブについて

投稿日: / 更新日:

今回は、Hinemos ver.6.0から新たに導入された「承認ジョブ」をご紹介したいと思います。

1.承認ジョブとは

「承認ジョブ」とは、後続のジョブを実行する際、
人の判断が必要となる場合にとても有効なジョブです。
この「承認ジョブ」が起動すると、設定された承認者へメールを送信します。
メールを受信した承認者は、メールに記載されているリンク先から承認を
選択することで、後続のジョブが実行されます。

2.承認ジョブの設定

以下の「ジョブ[承認ジョブの作成・変更]」ダイアログで承認ジョブを設定することができます。

今回は以下のように、設定してみました。

承認依頼文には、ジョブ変数を含めることが可能です。ジョブセッションが
開始した時刻をさせるために「#[START_DATE]」を実際に使用してみました。
また、「承認依頼文を利用する」をチェックすることで、依頼メール本文に、
「承認依頼文」と「承認画面へのリンクアドレス」が表示されるように設定いたしました。
これで、「承認ジョブ」の「承認」タブの設定は終了です。
この設定と合わせて、その他の「待ち条件」等を設定してみてください。

なお、上記画像では、「承認依頼文を利用する」をチェックしたことで網掛けになっていますが、
「承認依頼メール本文」には、デフォルトで、承認画面へのリンクアドレスが設定されます。
このアドレスを変更したい場合、「メンテナンス(Hinemosプロパティ)」ビューから、
“job.approval.page.link”のパラメータを変更することで、アドレスの設定が可能です。

3.承認ジョブの実行

「承認ジョブ」が実行されると、以下のメールが承認者へ送られます。

メールに記載されているリンク先に行くと、Webクライアントの「承認」のパースペクティブが開きます。

承認状態の項目で「承認待」になっている承認ジョブを選択すると、以下のダイアログが開きます。

承認者がメールから承認しない限り、ジョブの状態は以下のように「実行中」のままになります。

承認者が承認を行うことで、後続のジョブが実行され、承認者に以下の承認結果が送信されます。

以上、「承認ジョブ」のご紹介でした。
ぜひ、みんなさんも使ってみてください!

最新情報発信中

Twitterやメルマガでも、Hinemosの保守、
開発、導入、構築やカスタマイズ等の
お役立ち情報を発信しています。
是非ご登録ください。