クラウドサービス管理【CloudGate UNO】のご紹介

投稿日: / 更新日:

■はじめに

1社あたりの平均的なSaaS採用個数は米国で2016年の8個から、2021年は約100個に増えていると言われており、日本でも同様の動きが見込まれています。

クラウドサービスの利用がこのように促進される中、不正アクセスの件数もそれに伴い増えており、下記のような課題を聞くことが多くなりました。

・リモートワークを導入したけど、社員はどこで、どんな端末からアクセスしているのだろう?
・利用しているWeb会議ツール、グループウェア、勤怠管理システムなどの情報漏洩が怖い、セキュリティ対策は大丈夫だろうか?
・複数のクラウドサービスを使っているので、パスワードが多すぎて覚えられない!

このような問題に対して「CloudGate UNO」というマルチクラウドシングルサインオンを実現するソリューションがございます。

 

1.CloudGate UNOとは

「CloudGate UNO」とはクラウドサービスへのアクセス制限とシングルサインオンを同時に実現するサービスです。

※株式会社インターナショナルシステムリサーチ社提供の資料より引用

生体認証を用いた、パスワードレスでセキュリティレベルの高い多要素認証を実現します。ゼロトラストモデルのシングルサインオン機能を採用し、連携するクラウドサービスごとにセキュリティポリシーを設定することで柔軟なアクセス制限を実現します。

~基本機能のご紹介~

「CloudGate UNO」にはシングルサインオンをはじめ、アイデンティティ管理やセキュリティ強化、認証機能などの充実した機能がございます。

①アクセス制限

※株式会社インターナショナルシステムリサーチ社提供の資料より引用

IPアドレス制限、端末制限、時間別・国別制限、プラットフォーム制限などのアクセス制限が可能です。

 

②クライアント証明書

※株式会社インターナショナルシステムリサーチ社提供の資料より引用

クライアント証明書によって厳格な端末制御が実現可能です。

 

③多要素認証

※株式会社インターナショナルシステムリサーチ社提供の資料より引用

生体認証のみならず、FIDO2仕様に準拠したパスワードレス認証も可能です。

 

④プロビジョニング

※株式会社インターナショナルシステムリサーチ社提供の資料より引用

⑤認証ログ・操作ログ

※株式会社インターナショナルシステムリサーチ社提供の資料より引用

認証ログ、操作ログを確認できるので、インシデント時の原因特定などが可能です。

 

2.対応クラウドサービス一覧(一部抜粋)

CloudGate UNOは、SAML 2.0 を実装した200以上のサービスと連携可能であり連携サービスは順次拡大中です。
一度、CloudGate UNOにサインオンすることで各種クラウドサービスにもシームレスにアクセスできます。
対応クラウドサービスの一覧については下記より参照ください。

https://www.cloudgate.jp/lineup/sso-with-otherservices.html

 

3.導入実績

1600社 80万ユーザー(2022年3月末時点)の実績がございます。
導入のきっかけや、ユースケースについては多数の事例がございますので下記より参照ください。

・導入事例

https://www.cloudgate.jp/casestudy.html

 

4.詳細情報

・製品概要

https://www.cloudgate.jp/lineup/uno.html

・価格表

https://www.cloudgate.jp/price.html

 

おわりに

クラウドサービス管理【CloudGate UNO】に関するご説明やデモのご案内等実施可能ですので、
お問い合わせフォーム、または以下の無料相談より日程調整を頂ければと思います。

よろしくお願いいたします!

オンライン相談会を実施しております。ぜひお気軽にご利用ください。

 

 

最新情報発信中

Twitterやメルマガでも、Hinemosの保守、
開発、導入、構築やカスタマイズ等の
お役立ち情報を発信しています。
是非ご登録ください。