【Hinemos Webクライアント】URLからパースペクティブを開く

投稿日: / 更新日:

こんにちは!
今回は、Webクライアントに関するお話です。

通常、ブラウザからWebクライアントに接続した時に最初に表示されるパースペクティブは、
スタートアップパースペクティブか、前回最後に使用していたパースペクティブとなりますが、
URLを指定することで特定のパースペクティブを最初に開くことが可能です。

今回は、このURLの指定方法について調査しました。

通常、ブラウザからWebクライアントへ接続する際、URLには以下を入力するかと思います。

このURLの後ろに「#パースペクティブのID」付けることで、
パースペクティブを指定してクライアント画面を開くことができます。

例えば、以下のように指定すると、まずログインダイアログが表示され、
マネージャにログインすると、監視履歴パースペクティブが開きます。

「#パースペクティブのID」について、調査したところ、
各パースペクティブに対応するIDは以下のようになっておりました。

パースペクティブ #パースペクティブのID
Hinemos #hinemos
アカウント #account
カレンダ #calendar
ジョブ履歴 #job_history
ジョブ設定 #job_setting
スタートアップ #startup
メンテナンス #maintenance
リポジトリ #repository
収集蓄積 #hub
性能 #performance
承認 #approval
環境構築 #infra
監視履歴 #monitor_history
監視設定 #monitor_setting

終わりに

ツールバーからパースペクティブを開くというのが基本ですが、
今回ご紹介したように、URLを指定してパースペクティブを開くことも可能です。

普段から特定のパースペクティブしか使わないというようなときには、
こちらの指定方法の方が便利にHinemosを使えるのではないでしょうか。

それでは、またお会いしましょう!

最新情報発信中

Twitterやメルマガでも、Hinemosの保守、
開発、導入、構築やカスタマイズ等の
お役立ち情報を発信しています。
是非ご登録ください。