イチからHinemosを構築してみた

こんにちは。今回はHinemos ver6.2を環境も何もない状態からインストール、
ログインまでをご紹介する記事です。

用意するものは以下になります。
・Oracle VM VirtualBox:https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

・CentOS7:https://www.centos.org/download/

・hinemos-6.1-manager-6.2.x-1.el7.x86_64.rpm:https://github.com/hinemos/hinemos/releases#packages

・hinemos-6.1-web-6.2.x-1.el7.x86_64.rpm:https://github.com/hinemos/hinemos/releases#packages

リンクを貼っておきますのでご利用ください。

①CentOSをインストール


Oracle VM VirtualBoxにCentOS7をインストールします。

まずvirtual boxを立ち上げ「新規」をクリック。

仮想マシンの名前を入力します。
「centos7」と入力すると、自動的にタイプとバージョンが設定されます。

「仮想ハードディスクを作成する」を選択して次へをクリック。

ハードディスクのファイルタイプに「VDI」を指定して、次へをクリック。

「固定サイズ」を選択して、次へをクリック。

②CentOSの設定


ネットワークの設定をします。

virtual boxのCentOS7を選択し、設定をクリックします。

次にネットワークを選択すると、右画面にネットワークアダプターが表示されます。

デフォルトの状態だと接続できないので、割り当てのドロップダウンリストをクリックし、ブリッジアダプターに変更します。

変更後にOKをクリックし、設定を保存します。

③Hinemosパッケージの用意


GitHubより以下のパッケージをダウンロードします。HinemosはOSSなので誰でも自由にダウンロードできます。
・ hinemos-6.1-manager-6.2.x-1.el7.x86_64.rpm
・ hinemos-6.1-web-6.2.x-1.el7.x86_64.rpm

パッケージは今回/tmp/配下に配置しました。

④Hinemosの動作に必要なパッケージのインストール

以下のyumコマンドで必要なパッケージをダウンロード、インストールします。

 

⑤Hinemosのインストールに必要な設定を変更

1.selinuxを無効にします。
※selinuxが有効になっているとインストールできません。
次のコマンドを入力します。

 

 

上記の「enforcing」を「disabled」に変更して、サーバを再起動してください。

2.firewallを無効にするorアクセスできるよう適切に設定する
次のコマンドを入力します。

 

※今回はfirewalldをとめる方法をご紹介しました。

⑥Hinemosのパッケージのインストール

パッケージを配置したディレクトリに移動

 

rpmコマンド実行!

 

マネージャーとクライアントを起動!

 

⑦Hinemosへログイン

ip aコマンドでサーバのIPを確認し、そのIPでブラウザからアクセスします。

するとログイン画面へ切り替わります。

・ ユーザID
ログインユーザを入力します。インストール直後は、「hinemos」ユーザしか存在しないため、デフォルトの「hinemos」と入力します。

・ パスワード
ログインユーザのパスワードを入力します。「hinemos」ユーザのデフォルトのパスワードは「hinemos」ですので、こちらも「hinemos」と入力します。

・ 接続先URL
Hinemosマネージャへ接続するURLを入力します。接続先URLは「http://【↑で確認したIP】:8080/HinemosWS/」と入力します。

ログインできました!

いかがでしたでしょうか。今回はサーバの用意からやってみました。
サーバ構築経験のない方でも、ぜひHinemosを触ってみてほしいです。


ご意見やお問い合わせについて

この記事へのご意見やお問い合わせについては、こちら(お問い合わせフォーム)もしくは
Hinemos営業担当【hsd-sales@atomitech.jp】までご連絡ください。

※お問い合わせフォームからご連絡の場合には、お問い合わせ内容で「Hinemosについて」を選択し、
 本文の冒頭に「Hinemos研究日記_【タイトル名】」とご記載ください。
※メールアドレスへご連絡の場合には、件名を「Hinemos研究日記_【タイトル名】」でご連絡ください。